女性は素晴らしい!女性に見習う生活スタイルとは?

現在、全世界で高齢化が進んでいる中で、女性と男性の長生きする比率はどうなっているかご存知でしょうか?

世界的にも男性よりも女性の方が長生きするというのは、世界の100歳以上の長寿者の上位を女性が占めていることからもわかります。
一方、日本ではどうでしょう。平均寿命は男性が80.2歳なのに対し、女性は86.6歳で、女性の方が6.4年長い(2013年調査)とされています。

先進国でも途上国でも女性の方が長寿であることには変わりありません。因みに先進国では5~7年長く、途上国では2~5年と男性よりも女性が方が寿命が長いです。

そこには、女性ならではの秘密がありました。

1:女性ホルモンが動脈硬化を抑える効果が!

女性ホルモンであるエストロゲンには血圧を低下させ、悪玉LDLコレステロールの血中濃度を下げる作用などがあり、高血圧や動脈硬化に対して予防的に働くとされ、ほとんどの先進国で50歳未満の男性の死因は心筋梗塞などの心血管疾患が多いのに対して、同年齢の女性では目立って少ないと言われています。

2:動脈硬化を抑えるアディポネクチンとは?

脂肪細胞から分泌されるタンパク質であるアディポネクチンには、動脈硬化を抑える作用があり、メタボリックシンドロームや2型糖尿病、がんなどに対し予防的に働くとされ、ある調査結果では、長寿の女性の多くはアディポネクチン値が高く、男性の2倍以上の量が血液中に分泌されているという結果が示されています。
 

3:女性は心臓病の発症が少ない?

心筋梗塞などの心臓病は、高齢者では男女ともに死亡原因の上位に入っていますが、男性では40歳代から死亡率が上昇していく一方、女性では心臓病を発症する年齢は統計的に男性よりも10年遅く、50歳を過ぎるまで発症率は上昇しないという調査結果があります。これには女性ホルモンのひとつで、卵胞ホルモンとも呼ばれているエストロゲンの働きにより女性は閉経後まで心臓病から守られているといえます。

エストロゲンを増やすために、大豆イソフラボンが多く含まれる食品(大豆、納豆、豆腐、豆乳、きなこ、味噌など)を摂取することをお勧め!!
心臓病の危険因子は、肥満、メタボリックシンドローム、高血圧、高血糖、脂質異常症、喫煙、ストレスなどがあります。生活習慣を見直し、健康的に改善すれば、動脈硬化の進行を防ぎ、心臓病を予防することができると思われます。

4:なんと!男性は不慮の交通事故が多い?

米国疾病予防管理センター(CDC)の調査によると、男性の死因の上位に不慮の交通事故が含まれますが、女性では大幅に少ないというデータがあります。これには、男性ホルモンであるテストステロンが精神面での作用があり、行動を積極的にする働きをするが、時には思慮の足りない衝動に駆り立てることもあるとされている。

5:基礎代謝量が少ない方が長生きする?

女性の体は、”体脂肪が多く基礎代謝量が少ない”、男性の体は”筋肉質で基礎代謝量が多い”。これは女性が少ないエネルギーで生きていける効率の良い体をもっており、余分なエネルギーを浪費しないで環境の変化に適応でき、生理学的に優れた能力を備えていることを意味しているんですね。

マウスやサルなどの動物実験では、基礎代謝量が少ない個体の方が長生きする傾向が示されています。同様に、基礎代謝量の多い肥満の人よりも標準体重の人の方が長生きしやすいと考えられます。

6:女子会は凄い!女性は社会的なネットワークをつくるのが上手い!

米国ブリガムヤング大学の研究によると、女性は男性よりも社会的なネットワークを築くのが上手である傾向があり、男性は高齢になると一般的に社会的な関係を築くのが苦手で、孤独な生活をおくりストレスや悩みを溜めやすいそうです。

同大学の調査によると、友人や家族・隣人・同僚に恵まれた高齢者は、孤独な高齢者に比べ、長生きできる可能性が1.5倍も高いといいます。高齢化した男性は社会的なつながりを失い孤立状態に陥りやすく、健康状態が悪化しやすい。積極的に社会的なネットワークを保つ対策が必要です。

7:女性は自分の身体に注意深い!

米国のカイザー家族財団の調査によると、女性のほうが医療機関への通院頻度が高く、食事では栄養バランスに配慮してアルコールの摂取も少ない傾向があります。
調査では、男性は年間に医師の診療を受ける頻度が女性よりも24%低く、血中コレステロールの検査を受けなかった比率が22%高いことが示されています。こうした生活上の配慮が女性を男性より長命にしている可能性があると言えるのです。

まとめ

今回は、女性と男性の長寿に焦点を当て、お話をさせて頂きました。
女性が良くて、男性が悪いとかではありません。ことわざにも「人の振り見て我が振り直せ」とあるように、女性ならではの素敵な生活習慣を学びつつ男性諸君も見習って、いまいちど、再認識することで、日々の生活習慣を振り返って自分の健康は自分でつくりあげていく事が大切です。