夢の万能物質「マイオカイン」とは?

皆さん、マイオカインという物質を知っていますか?聞きなれない名前かもしれませんが、成長ホルモンの一種で、2003年に発見され、身体に様々な良い効果がもたらしてくれていることが、最近の研究で明らかになってきています。今回は、マイオカインに秘められた驚きの機能についてお伝えしたいと思います。

マイオカインって何?

骨格筋から分泌される種々な生理活性物質のことを総称してマイオカイン(myo=筋,kine=作動物質)と呼ばれています。要するにマイオカインは運動をすることで分泌されるホルモンで、筋肉で作られ全身に巡って様々な健康効果を引き出す物質の総称です。

マイオカインがもたらす健康効果とは?

 運動することは何となく健康には良いということはわかっていましたが、なぜ良くなるのかというメカニズムはほとんど証明されていませんでした。このメカニズムにマイオカインが関係していたことが明らかになってきています。

・うつ、不安の抑制
・アルツハイマー型認知症の予防
・脳卒中の減少
・心疾患の予防、改善
・動脈硬化の改善
・骨密度の増大
・血圧の安定
・免疫機能の亢進
・糖尿病の予防、改善
・肝機能、膵臓機能の亢進
(脂肪を分解してくれる、血糖値を下げる)
・癌発生率の低下
・若返り効果(老化の予防)

などの様々な効果があるといわれています。このような夢のような物質が筋肉から分泌されていたのです!
逆に言えば、マイオカインの分泌が少ない方は肥満や老化、高血圧や骨粗鬆症など上記の効果の逆の状況が起きてしまうことが予測されます。

マイオカインの分泌を促すには?

マイオカインは筋肉を動かすことで分泌されるホルモンです。そのため、分泌を促すには運動が必要になってきますが、運動の仕方が重要です。
1回の運動でマイオカインの分泌される量には限度があります。最近の研究では、1日だけの激しい運動をするよりも、毎日継続してソフトな運動をした方がマイオカインの分泌が良いという結果が出ています

マイオカイン分泌の注意点

・太腿やお尻、ふくらはぎなど下半身の筋肉から分泌される
・新しい筋肉から分泌される

と言われています。新しい筋肉とは、筋肉はいつも使っている負荷以上の負荷をかけることで一度、筋線維が壊されます。これが俗にいう「筋肉痛」です。この後、筋肉は超回復という筋線維を修復する現象が起き、強くなったものが新しい筋肉です。
上記の点を踏まえて、推奨されている運動があります。

それはスクワット(筋力トレーニング)+ ウォーキング(有酸素運動)

スクワットのような筋トレをした後にウォーキングをすることによって疲労物質である乳酸が排出され筋肉痛は早く改善され、より効果が高まると言われています。

スクワットの仕方

①脚を肩幅に開いて立ちましょう。
②3~4秒かけて椅子に座るように気持ちでゆっくりと股関節と膝関節を曲げます。
③膝関節、股関節を3~4秒かけてゆっくり伸ばし戻ってきます。
④これを10回程度繰り返す。
※ポイントはゆっくりと3~4秒かけてゆっくりと行うことです。関節を痛めず、より効果的に筋肉へ負荷をかけることができます。

ウォーキングの仕方

ウォーキングは息が弾む程度の速さで、一日30分以上継続して行うようにしてください。通勤や買い物など生活サイクルに組み込んでいくことが継続することの第一歩となります。

この、2つの運動を少なくとも2日に1回は行うように心掛けましょう!!

まとめ

皆さん、どうでしたか?マイオカインは夢のような物質ですが、常日頃から運動をしていれば、分泌されているホルモンです。自分も今の生活習慣を振り返ってみると恥ずかしながら、全然運動できていないことに気付きました。自分も生活の中に運動を取り入れ、マイオカインの効果にあやかりたいと思います。皆さんも運動をしてマイオカインとともに健康的に過ごしていきましょう。