これだけはやっておきたい!夏の肌疲れを残さない7つのこと

皆様、こんにちは。お久しぶりです、村上です。

もう夏も終わりですね。少し寂しく感じる今日この頃…夏に焼けたお肌、今皆様の肌の状態はいかがですか?何だか調子が悪い、化粧のりが悪いかもと感じていませんか?

紫外線の影響によりお肌は乾燥してしまうため、様々なトラブルを引き起こしやすいこの季節。

夏にできてしまったものは、夏から秋に持ち越さないことが必須で、今後の肌を決めていくといっても過言ではありません。

今回は夏のアフターケアについて、問題別にまとめてみました。ご参考頂ければ幸いです。

1:くすみ対策には

『角質除去+巡り改善』でターンオーバーを。

防ぎきれない紫外線と、冷房の効いた室内外の温度差によって肌代謝が落ちるため循環が悪くなり黒ずんでいきます。溜め込みやすくなってしまったら、角質除去効果の高い石鹸とデットクスティー、冷んやりマスクで排出ケアを。

2:色むら対策には

顔全体に集中美白を!アスファルトの照り返しや日焼け止めのむら塗りで気づけば顎や首だけ沈んだ色に..。そんなうっかり日焼けには集中美白美容液や、クールな使用感で潤いを取り戻すマスクを1ヶ月続けてみてください。くすみと同様角質除去効果の高い石鹸パックもおすすめです。

3:シミ、そばかす対策には

すぐに手をうてば挽回できる!できたてシミには狙いを定めたスポット美白!

夏の前になかったできたてほやほやのシミはスポットタイプの美白美容液を根気強く続ける事でかなり改善されます。同時にビタミンC点滴をうけるのも効果大。家ではビタミンCサプリを毎日とる事でメラニンの代謝を促します。

4:乾燥には

バリア機能が低下した肌にはセラミド配合コスメや万能クリームを投入。

暑い時期に保湿ケアを怠った肌はら皮脂と水分のバランスが崩れバリア機能が低下。放っておくと、シワになってしまいます。そんな時はセラミド配合コスメや、肌内部の保水力を高めらバリア機能を回復させるクリームやマスクをたっぷり使ってください。

セラミドについて

セラミドは表皮の一番上の層である表皮の角質層に存在しています。また、細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質のひとつ。

5:毛穴のつまり対策

穏やかに角質を緩めて、つまりをとり引き締めます。

暑さで開いた毛穴には、洗顔不足で汚れがつまってしまうと、そのまま形状記憶されてしまいます。刺激の強い角質パックはNG、スチーマーで肌を柔らかくしてからディープクレンジングをしてケアケア美白美容液+アルコールフリーの収れん化粧水で引き締めるケアを毎日行ってください。

6:肌のごわつき、ざらつき

肌のターンオーバーを促しながら、柔らかくするケアが必要です。

UV&角質ケア不足、洗いすぎるにより水分、油分のバランス、偏った食生活、著名に現れるのが肌のごわつき。マイルドなスクラブ入り洗顔フォームと、肌修復力の高いクリームやオイルを投入して、肌の柔らかさを取り戻すケアを。

7:たるみ

ハリアップコスメを使った肌アイロン、頭皮マッサージで血流改善

暑さにだれているうちに肌のたるみがこていされてしまう夏。すぐに引き締める効果の高い化粧水や美容液、マスクを取り入れて。目と頬のまわりを老廃物をながして引き上げる、肌アイロンと、ほうれい線を引き上げることも大切です。

おわりに

夏を一生懸命頑張って乗り越えたお肌に少しだけ、”ありがとう”を込めてアフターケアしてみてはいかがでしょうか。最後まで読んで頂きありがとうございました。