夏の肌ケアは大丈夫?今からでも遅くない夏肌アフターケア

今年の夏は猛暑続きでした。私は、去年に比べ外へ出てお客様の自宅へ訪問する日が多くなり、日焼け止めを塗って紫外線対策を頑張っていましたが、見事に日焼けしてしまいました。

紫外線による日焼けは、皮膚の中で活性酸素が発生し、細胞にダメージを与えて活動を弱めるとともに、コラーゲン繊維、エラスチン繊維などを分解する酵素の再生を促進します。そのため、肌が乾燥したり、シワやたるみを生じやすくし、肌老化に繋がっていきます。しかし、今年のあの猛暑、日焼けをしないというのが難しかったのではないでしょうか。

そこで今回は、夏のお肌の特徴、紫外線の種類によって肌へ与える影響について、夏で疲れたお肌を秋口へ残さないために、今からでも遅くない夏肌アフターケアをご紹介します。

夏のお肌の特徴

①紫外線による皮膚の深部が脱水症状を起こし、肌のキメが粗くなる。
②皮脂量の増加により毛穴に詰まりやすい。
③エアコンの冷気により皮膚の乾燥、末端の血行不良がおき毛穴により角質が詰まりやすくなる。
③皮脂が酸化し、テカリやすく、過酸化した皮脂はベタベタし、くすみの原因となる。

紫外線には種類がある

紫外線は、紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)、紫外線C波(UV-C)の3つに分かれています。UV-C波はオゾン層に吸収されるため地表には届きません。
今回は、UV-Aと、UV-Bがお肌に与える影響を紹介します。

UV-A(生活紫外線)

真皮層まで到達し、日常生活で(買い物や、洗濯物干し)、知らず知らずのうちに長い間浴び続けることで、真皮内の繊維を変形させ、しわ・たるみの原因となります。
日焼け止めのPAは、UV-A防止効果を表したものです。

UV-B(レジャー紫外線)

主に表皮に作用し、肌が黒くなり乾燥、しわ、肌荒れに。私達が良く知る日焼け。皮膚を赤くさせ、細胞の遺伝子に傷がつきます。肌の赤みが引いた後にメラニン色素が生成され、シミになる場合もあります。肌が黒くなり、肌がごわついたり、角層中の水分が減少し、肌荒れ状態になります。
日焼け止めのSPFは、UV-B防止効果を表したものです。

夏の疲れを残さないためのアフターケア

皮脂量の増加に伴い、毛穴も詰まりやすくなっているお肌。また、8・9月は紫外線量はやや低くなりますが、肌は疲れやすくなっており、まだまだ紫外線の影響を受けやすい時期です。
夏のアフターケアで一番大切なのはクレンジングで、皮脂量の増加、血行不良により毛穴に詰まってしまった汚れを取り除くことが大切です。スキンケアを受け入れる土台ができて、たっぷり潤いを届けてあげましょう。

毛穴に詰まった汚れをとるには

①まず、オイルクレンジングで優しく全体の汚れを落としていきます。
※オイルクレンジングにする理由としては、クリーム、ジェルに比べ、クレンジング効果が高いことと、滑りがよく肌負担が少ないからです。また、毛穴の詰まりが酷い場合は、蒸しタオルでお顔を温めると汚れが浮きやすくなります。

②直ぐに洗い流さず、水で手を濡らし乳化させ、肌を軽くマッサージしながらクレンジングしていきます。

③軽くティッシュで拭き取ります。
※こすらず、おさえるだけで充分です。

④次にジェルクレンジングを①〜②の行程で行っていきます。
※ジェルクレンジングは、肌に残ったオイルを取り除くために行います。疲れてしまった肌は、クレンジング剤が残りやすく、タブルクレンジングをすることで、より効果を高めていきます。

⑤洗い流してクレンジングは終了です。

クレンジング後、肌にざらつきがある場合は洗顔を行っていくとより効果的です。

パックの選び方&やり方

パックは、美白効果のあるもの+鎮静or活性効果のあるものどちらかを使います。
肌がごわいついている時は、鎮静効果のあるもの。例えば、ジェル状のパック。ジェルパックは、肌を冷やすため鎮静効果が高く、肌が疲れている時はとても効果的です。

肌がおちついており、肌荒れなどがない場合は、ホワイトエッセンスを豊富にふくんだものを積極的に使うと効果的です。
※上記内容のケアは、日焼け直後のものではありません。炎症が落ち着いたあとのケアになります。

まとめ

夏の間にたまってしまった汚れを取り除き、秋口にでてくる肌疲れを軽減することで、
アンチエイジング効果は増します。
いつまでも綺麗でいたいからこそ、ほんの少し努力をしたいものです。