食事を工夫するだけ!眠気をコントロールする方法

こんにちは。村上です。
今回は、ある本に書かれていた眠気をコントロールする方法についてお話させて頂きます。さて、みなさんは食事した後に、眠くて仕事や勉強が手に手がつかなくなったことはありませんか?

私は、学生の頃試験勉強や臨床実習中、睡眠不足も重なり、食後はかなり眠く、作業効率が落ちていたことを思い出しました。その本には、眠気をコントロールする方法が書かれていて、学生の頃眠気予防にやっていたことが、増々眠気を誘う方法だったのだと気づきました。

食事の摂り方で眠気はコントロールできるんですよ!!
えーどうやって?っとお思いの方もいるのではないでしょうか?

では早速、お話させて頂きますね。

食後の眠気の原因って?

1.血流が消化器へと集中することが原因
食べ物を消化するために血流が消化器へ集中し、脳への血流が減ってしまうことにより眠くなってしまいます。

2.インスリンの効果で低血糖になる
食事をとると血糖が上昇するため、インスリンが血糖を下げるホルモンを過剰に分泌され、その結果低血糖になってしまいます。低血糖とは、血中のブドウ糖が不足している状態のことです。ブドウ糖は脳の活動に不可欠な成分で、低血糖になると脳の活動が低下し、眠くなります。

食後、血糖はなぜ上昇するの?

炭水化物に含まれる糖質が原因。炭水化物化物に含まれる糖質が急激に体内で消化、分解され、ブドウ糖へ変化します。糖質は、一番最初の消化器官、口腔にてどの成分よりも、消化・吸収が早く行われるため、血糖が上昇してしまいます。

糖が体に及ぼす作用

実は、糖質は生きていく為にとても重要な成分。筋・脳が働くにはエネルギーが必要で、そのエネルギーになる成分が、糖質!糖質が少なくなることで、エネルギー源は減少。働きが低下してしまい、疲れやすくなったり、元気がなくなったり、ぼーっとしてしまったり。そのため、低血糖になると、眠くなるんです。

では、急激な血糖値上昇を抑えるには?

食事の摂り方に注意しましょう!決して、炭水化物を摂らないでということではありません。炭水化物の摂り方に注意すれば、食後のインスリンの分泌を調整することが出来きます。

例えば、菓子パンや、うどん、パスタのみを摂取するのではなく、その前に皆様ご存知とは思いますが、必ず野菜から食べるようにしましょう。上記でも記載したように、糖質は消化・吸収されやすいため、野菜を最初に摂ることで血糖の上昇を穏やかにしてくれます。

最近ではよくあるパスタとパンのランチセット、ラーメンとライスなど炭水化物の二重摂取も血糖を上げる原因になるので要注意です。

▼ 血糖があがりやすい食べ物は?
→ 精米や、お菓子など糖分が多く含まれている食品です。意外にもフルーツや芋類も糖分が多く含まれています。そのため、ポテトサラダは、血糖を上昇してしまうため、食前に摂ることはオススメしません。

▼ 血糖があがりにくい食べ物は?
→ 玄米や、肉、コーヒーなど甘みを感じない食品です。

最後に

やることは、本当に当り前で、こんなこと常識!!とお思いの方もいると思いますが、それを実践できている人はどれくらいいるでしょうか。時間がなくて、パンや、おにぎりだけと食事を軽めに済ませたり。そして、午後眠くなり仕事効率が落ちているのでは?

食事の摂り方で、眠くならないようにコントロールできたら、一日をさらに有意義に過ごすことが可能です!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。