今年からお薬代金が戻ってくる!「セルフメディケーション税制」とは?

皆さん、冬本番となり寒くなってきましたが、風邪など体調崩していませんでしょうか。

体調がちょっとおかしいと思ったとき、病院に行って診察してもらってお薬を処方してもらったり、病院には行かず市販のお薬を購入して服用されたりするかと思います。その時、レシートをちゃんと取っていますか?

今年から絶対レシートは捨ててはいけません!!

従来の医療費控除とは?

皆さん、ご存知かもしれませんが、従来の医療費控除は年間所得額が200万円以上の方なら、家族の医療費の合計が10万円を超える場合は、所得税の一部が返金される仕組みです(200万円未満の人は、10万円でなく、所得金額の5%を差し引かれます)。

手術や入院、慢性疾患等の定期通院などしていない限り、なかなか10万円を突破することはありませんでした。そこで、このたび「セルフメディケーション税制」という医療費控除の特例が創設されました。

「セルフメディケーション税制」とは?

平成29年1月1日より開始された医療費控除の特例です。

厚生労働省によると「適切な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進める観点から、健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人が、平成29年1月1日~平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る特定成分を含んだOTC医薬品の購入の対価を支払った場合において、その年中に支払った対価額の合 計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(上限:8万8千円)について、その年分の総所得金額等から控除する」という新税制です。

今までの医療費控除と比べると対象となる額が低いので、皆さんにとって活用しやすい税制の一つになりそうです。
※ OTC医薬品(一般用医薬品)…ドラッグストアなどで販売されている医薬品のことです。

セルフメディケーションとは?
 WHO の定義によると「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること」とされています。日本では、国民の自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進すること、医療費の適正化をはかることを目的に推進されています。

対象となる医薬品は?

医師によって処方される医療用医薬品から、ドラッグストアで購入できる OTC医薬品です。 OTC 医薬品はなんと約 1,500 品目もあります(詳しくは厚生労働省HPへ)。

薬効の例としては、風邪薬や胃腸薬、鼻炎用内服薬、水虫・たむし用薬、肩こり・腰痛・関節痛の貼付薬があります。購入者がわかりやすいように、制度施行後は対象製品に特定のマークがつくようです。

注意点

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)による所得控除と、従来の医療費控除を同時に利用することはできません。

購入した対象医薬品の代金に係る医療費控除制度については、従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制のどちらの適用とするか、ご自身で選択することになります。

おわりに

これからは自分の体は出来るだけ自己管理しなければ時代になってくるようです。

もちろん、日頃から体調管理が必要だと思いますが、お薬がもっと身近なものとなっていきそうですね。

皆様、本年もどうぞお元気でご活躍されますように!