”生理痛”に悩む女性へ!あなたのつらい生理痛、もしかしたら病気が原因かも…

女性の皆様、生理痛辛くないですか?我慢していませんか?

その我慢がストレスとなりさらに痛みを感じやすくし、悪循環を引き起こしているかもしれません。そして、その生理痛の原因は月経困難症かもしれません。

生理のメカニズム

およそ28日の生理周期の間には、卵胞期→排卵→黄体期→生理(月経)という流れがあります。排卵に合わせて徐々に厚く成長し、受精卵を迎えるためのベッドの役割をするのが子宮内膜です。着床が起こらない場合はその成長した子宮内膜ははがれ落ちてしまいます。

それが、生理(月経)です。
※子宮内膜:子宮の内面を覆っている子宮内膜という組織は卵巣から分泌される女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)の作用を受けて、増殖、剥脱を繰り返しています。

月経困難症とは?

生理中に、生活に支障をきたしたり、鎮痛薬を服用しなければならないほどの症状があるものを月経困難症と言います。
月経困難症には、原因となる疾患がない『機能性月経症』と、原因となる疾患がある『器質性月経困難症』の2つのタイプがあります。
※その他月経1週間前頃にイライラや浮腫みなどが起こる事を月経前症候群と言います。

機能的月経困難症の原因は?

生理の血液を排出するために子宮の収縮を促す物質(プロスタグランジン)の過剰分泌が主な原因です。
『機能性月経困難症』は疾患があるわけではありませんが、子宮や卵巣が未成熟であること、冷えやストレスも原因と考えられます。一般に、思春期から20代前半に多くみられます。

器質性月経困難症の原因となる疾患は?

①子宮内膜症、②子宮腺筋症、③子宮筋腫があげられます。
一般的に20代後半から多くなり、痛みの症状は、生理初日~3日目ごろを過ぎても続き、
生理期間以外に痛みが生じることもあります。

器質性月経困難症の原因

①子宮内膜症

子宮以外の臓器(卵巣や腹膜)に子宮内膜組織ができる病気です。月経のたびに増殖と剥離を繰り返す事で、炎症や癒着を引き起こします。
主に10代後半以降で発症し、閉経まで長期的に続く慢性疾患です。
症状は、月経痛、下腹部痛、性交痛、排便痛、不妊などです。

②子宮腺筋症

子宮筋層の中に、子宮内膜組織ができる病気です。子宮筋層の中にできた組織が月経のたびに増殖と剥離を繰り返し、病気が進むにつれ、子宮筋層が厚くなります。
症状は激しい月経痛、経血量の増加、出血持続日数の延長があります。

③子宮筋腫

子宮層の中にできた、こぶのような形状の良性の腫瘍です。
筋腫の位置(子宮内膜直直下、子宮筋膜内、子宮筋膜層の外側)大きさ、個数によって症状は様々です。
貧血症状(めまい、立ちくらみなど)、経血量の増加、不正出血(月経時間外の出血)、下腹部痛、下肢のしびれ、頻尿、不妊、月経中にレバー状のかたまりが混じる特徴があります。

治療法は?

主薬物療法、外科的治療法があります。症状や、年齢、妊娠希望などを踏まえて、どのような治療法にしていくか決めていきます。

薬物療法

①対症療法

鎮痛剤や、漢方薬などを使って、月経痛などの痛みを抑える治療法。

②ホルモン療法

・卵胞、黄体ホルモン混合剤
2種類の女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が含まれた薬剤です。排卵と子宮内膜の増殖を抑制することで痛み物質プロスタグランジンの過剰な産生を抑え、月経痛を緩和します。飲み始めのころに、吐き気、頭痛などがみられる事があります。

・黄体ホルモン製剤
卵巣の機能と子宮内膜の増殖を抑える薬です。痛みの軽減に加え、子宮内膜症の病巣に直接働き小さくする働きもあります。
月経時期以外の不正出血がみられる事があります。

・GnRHアナログ製剤
女性ホルモンの分泌を抑え、月経と排卵を止め、一時的に閉経状態を作る事により、病巣を小さくする働きがあります。
通常4週に1回、皮下注射を行います。
更年期障害に似た症状(のぼせ、ほてり等)がみられる事があり、通常6ヶ月使用します。
※ホルモン療法中、症状が軽くなるとともに病巣も縮小しますが、ケースによっては、病巣が大きくなることもあるため、医師による定期的な観察が必要です。

②外科的治療法

・保存療法
病巣のみ摘出、縮小させる手術。

・根治治療
子宮、子宮・卵巣を摘出する手術。

最後に

生理痛は我慢せず、一度医師に相談しましょう‼身体のサインに気づいてあげて下さい。
生理は、妊娠の準備をするために起こる現象です。生理や、生理痛についてすぐ近くにいる配偶者、パートナー、恋人が理解してくれる事でストレス軽減となり、痛み軽減につながるのではないでしょうか。簡単に考えてしまいがちな生理痛ですが、今回の記事が少しでも考えるきっかけになって頂けたら幸いです。