酒好きには朗報!適度なお酒は健康に良い?!

年末に近づいてきて、これから忘年会シーズンに突入します。忘年会といえば、切っても切れないのがお酒との関係だと思います。お酒は飲み過ぎてしまえば、依存症や肥満やメタボリック症候群などの生活習慣病への影響も大きくなってきます。

しかし、飲むことが根っから悪いことではありません。昔からお酒は「百薬の長」と言われるものであり、適度に楽しみながら飲むことによって身体に嬉しい作用があります。

今回はそんなお酒について書いてみました。

お酒の適量とは?

適量は個人差があり、また、その日の体調によっても酔い具合が変わってくるため、一概にはいえませんが、厚生労働省が推進する国民健康づくり運動「健康日本21」によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコールにして約20g程度であるとされています。このくらいの量が楽しくお酒が飲める量とされています。

酒類別のアルコール約20g含む量の例

ビール(アルコール度数5度)・・・・・・中ビン1本(500ml)   
日本酒(アルコール度数15度)・・・・・・1合(180ml)
焼酎(アルコール度数25度)・・・・・・0.6合(110ml)
ウィスキー(アルコール度数43度)・・・・・・ダブル1杯(60ml)
ワイン(アルコール度数14度)・・・・・・1/4本(約180ml)
缶酎ハイ(アルコール度数5度)・・・・・・1.5缶(約520ml)

適量なお酒の効能・メリット

食欲を増進させる

胃の蠕動運動を活発にし、胃液の分泌を促進して消化を助け、食欲が増します。

ストレスの解消

適度のアルコールは精神的な緊張を緩め、ストレスの解消につながります。

コミュニケーションが円滑に

アルコールは前頭葉の抑制を解放(麻痺)させる効果があります。そのため、社交性を増加させ、普段よりも陽気で快活な性格になったり、会話が弾むようになったりするのです。飲み過ぎてしまうと「酔っ払い」となってしまいます。

疲労回復

血管を拡張させて血液の流れを良くして体が温かくなったり、利尿作用もあるため適度であれば身体の代謝を高めてくれます。

動脈硬化を防ぐ

イギリスの学者マーモットによると、「お酒を飲み過ぎたり、まったく飲まないよりも、適度に飲むことで死亡率は低くなる」と発表されています。

これは、適量なアルコールには善玉コレステロールを増やす働きがあり、善玉コレステロールには動脈の壁にたまったコレステロールを取り除き、動脈硬化を予防する作用があるからです。

おつまみを摂るようにしよう!

空腹でお酒を飲むと、血中アルコール濃度は急激に上昇してしまいます。アルコールを消化してくれる肝臓へも負担がかかってしまいます。肝臓のためを考えたおつまみとしては高たんぱく低脂質であるものがおすすめで、タンパク質にはアルコールの分解を助けてくれる活性酵素が含まれています。

タンパク質というとお肉のイメージがありますが、脂肪分が多いと脂肪がアルコールの分解を抑制してしまうため注意が必要です。もう一つは肝臓機能を高めてくれるタウリンを多く食品です。

おすすめメニュー
・湯豆腐、冷ややっこ
・枝豆
・イカ、タコの刺身
・焼き鳥(ささみ)
・焼き魚
・生牡蠣
等々

終わりに

お酒は、適度に飲むようにして長く付き合っていくことで、「百薬の長」と言われるほどの素敵な効果が得られます。

これから、お酒の付き合いが多くなる季節になりますがお酒をうまく活用して人間関係を円滑にして、自分自身も健康的にいられるよう、

お酒を飲んでも飲まれないようにしていきましょう。